カードローンは銀行がいい?消費者金融?即日融資なら?

即日融資でカードローンを利用する時には、銀行カードローン、消費者金融カードローンのどちらかを利用するのか自由に選ぶことができます。 どちらを選んでもカードローンとして借り入れを行うことができるのですが、それぞれの金融機関には、細かな違いがあり、お互いにメリット、デメリットがあります。

なので、自分の都合によって、どちらが使いやすいのかということが変わってきてしまう為に、なるべく自分に合った金融機関で借り入れをすることが重要になります。 まず、銀行カードローンは、銀行で利用できるカードローンで、三菱東京UFJ銀行カードローン、みずほ銀行カードローン、りそな銀行、住信SBIネット銀行などがあります。 大手の銀行のカードローンが利用できるので、安心して利用することができるという声が多く、借り入れた際の金利も消費者金融カードローンに比べると低くなっています。 こうしたところは銀行カードローンの大きなメリットで、借りた後の返済は、金利が低いので、返済しやすくなっています。

また、借り入れる金額についても、総量規制がないために、収入によって借入金額が規制されるということがありません。 もちろん、年収が100万円しかないのに500万円以上借りるというようなことはできないのですが、自身の収入に合わせて、借りる金額を自由に選ぶことができます。 特に銀行カードローンの場合は、消費者金融カードローンよりも借り入れ限度額の上限が高くなっていて、上限が1000万円近い金額のところもあります。 高額借り入れをすることも可能なので、大きな金額の借り入れを考えている人にとっては、銀行カードローンは最適です。

ただ、同時に銀行カードローンにはデメリットもあります。 それは、審査が厳しいということと、審査に時間がかるということです。 どうしても銀行という性格上、審査が厳しくなっていて、誰でもすぐに借り入れをができるようにはなっていません。 なので申し込みをし、審査を受けたのだけれど、審査に通らなかったという人も多くいます。 そして、審査にかかる時間も、消費者金融カードローンに比べると、時間がかかると言われています。 「即日融資が可能な銀行カードローンもある」のですが、それでも審査に時間がかかってしまうことも多く、これは大きなデメリットとなっています。 このサイトでは即日融資可能なカードローンをご案内しています。たとえば消費者金融だと勘違いする方が多い「レイク」ですが、レイクは新生銀行カードローンです。もちろん即日融資可能なカードローンです。

銀行カードローンのメリット、デメリットは、このようになっていますが、消費者金融カードローンのメリット、デメリットについても見ていきたいと思います。 消費者金融カードローンは、プロミス、モビット、アイフルなどの大手の消費者金融と、あまり知られていない中小の消費者金融があります。 ほとんどの大手の消費者金融は、銀行カードローンのメリット、デメリットと反対である部分が多く、消費者金融ということで、借りるのに不安を感じる、総量規制によって借り入れに限度がある、金利が高いというデメリットがあり、同時に、審査がやさしく時間がかからない、収入があれば誰でも借り入れをすることができるなどのメリットがあります。もちろんほとんどの消費者金融のカードローンが即日融資可能となっています。 ただ、消費者金融で借り入れることができる金額は総量規制によって、年収の三分の一までと定められているので、制限があります。 銀行カードローンのメリット・デメリットと反対のメリット、デメリットとなっているのですが、銀行カードローンよりも申し込みがしやすく、即日で審査も通りやすいので、消費者金融カードローンの方が、借り入れをしやすいということがいわれています。

これは自身の状態や年収などから、どちらがいいのかを考えていくといいのですが、例えば、今すぐ即日である程度のお金を借り入れたいという人は、審査もやさしく即日融資が可能な消費者金融カードローンを利用した方がいいですし、反対に、急ぎではなく大きな金額を借り入れたいという人は、銀行カードローンを利用した方がいいといえます。 また、同じ金額の借り入れをする際には、消費者金融カードローンよりも銀行カードローンの方が金利が低いので、銀行カードローンで借り入れをした方が返済額も少なくて済みます。最近人気なのは消費者金融のメリットである即日融資を取り入れた銀行カードローンです。 これはどちらの金融機関でも借り入れができるという条件であれば、好きなように選べるということなのですが、しっかりと働いていて収入のある人であれば、このようにお互いの金融機関のメリット、デメリットを見て、利用するところを決めてくことができます。

また、消費者金融カードローンでは、お金を借りる際には、収入がなくては借り入れをすることができないようになっています。 アルバイト、パートであっても、収入さえあれば借り入れをすることができるのですが、銀行カードローンの場合は、収入がなくても借り入れができるところもあります。 これは夫が働いている専業主婦になりますが、銀行カードローンでは、こうしたこともあり、これもお互いのメリット・デメリットということができます。 さらに消費者金融カードローンでは、無人契約機というものが店舗においてあり、これを使って申し込み、即日審査を受けることができます。 無人契約機を使えば、誰にも会う必要がなく申し込み、審査、契約をすることができて、早ければ数十分で即日融資も可能です。 いろいろと事情があるという人や、カードローンを利用するのを人に見られたくないという人は、こうした自動契約機の存在は大きなメリットになります。 このようにそれぞれに特徴があり、それがメリット・デメリットとなっているのですが、こうしたことをよく見て利用するところを決めていきたいものです。

また、同じ銀行カードローン、消費者金融カードローンといっても、それぞれの金融機関で微妙に異なりがあるので、そうした違いについても、よく見ていく必要があります。 そして、お金を返済する際には、どちらもほとんど同じとなっていて、ATMコンビニ提携ATM、インターネットバンキングによる返済が可能で、銀行カードローンの場合は、口座引き落としによる返済をすることができます。 人によっては、銀行カードローンの方がいいという人もいれば、消費者金融カードローンの方がいいという人もいるかと思いますが、お金を借りて返済するということに違いはないので、メリット・デメリット、さらにはそれ以外の細かな点についてもしっかりと見ていきたいものです。



▼カードローンの借り換えについて

カードローンを利用してお金を借りている時に、いくつかの金融機関からお金を借りているという人がいます。 いろいろと理由があって、複数の金融機関からお金を借りていることと思いますが、借りるのはよくても返済するのが大変であることがほとんどです。 しっかりと借りた分だけ返済できればいいのですが、各金融機関で金利なども違っているために、すんなりと返済するというわけにはいかずに、うまくいかないこともあります。

そういう時には、うまく借り換えをすることで、返済の負担が減り、しっかりと返済をすることができます。 借り換えというのは、カードローンでの借り入れを他の金融機関に借り換えることで、現在、借りている金融機関よりも条件のいいところを選びます。 こうすることによって、返済も楽になり、借りた分をすべて返済することができます。

例えば、Aの金融金融機関で80万円を借りて、Bの金融機関で120万円を借りたとします。 総額200万円の借り入れになるのですが、加えてそれぞれ金利が15%、18%という風に、金利の分も上乗せして 返済しなけれななりません。 なので返済をするのもかなり大変になってしまうのですが、こういう時には、金利が5%の別の金融機関に借り換えをします。 ここで200万円を借りてそれで返済をするようにすることで、15%と18%でそれぞれ金利を付けて返済しなければならなかったものが、5%の金利で返済できるようになります。

なので、非常に返済がしやすく、当初に比べると返済する金額も少なくすることができます。 借り換えについては、各金融機関でも借り換えをするように勧めているところが多くあり、それに適した条件の金融機関が多くあり、実際に借り換えを行おうと考えている人は、 金利の低い金融機関で借り換えをしようと考えている人がほとんどです。